光熱費は生活していれば、どうしてもかかってしまうものです。でも、この光熱費は努力をすれば安く抑えることができます。もっと安く抑える方法はないものか。あります。オール電化です。オール電化にすると、月々の光熱費は電気料金だけになります。普通は電気とガス、両方を使うのが普通一般的ですが、基本料金が両方に必要です。当たり前の話ですが、オール電化にするとガスは不要なので電気代だけです。オール電化とはどういう仕組みなのか、メリット・デメリットなどとあわせてお伝えしたいと思います。

オール電化と太陽光発電でエコ生活

オール電化住宅に住むメリットは、光熱費が電気料金のみになり、さらに経済的な電気料金のコースを利用して電気代を極力抑えることができることです。オール電化住宅は、省エネルギーでしかも二酸化炭素を排出しないので、地球環境保護にも貢献しています。

でも、更に光熱費が少なくなり、しかももっとエコロジーな生活ができる方法があります。それは、オール電化に太陽光発電を併用することです。太陽光発電はソーラー発電とも言われ、屋根に太陽光線をエネルギーに替える太陽光モジュールというパネルを設置して発電します。

太陽光発電はエコロジーな電力として、公共施設などで多く使われていますが、この太陽光発電を住宅に取り付けるのです。

セキスイハイムで、「光熱費ゼロ」を謳った宣伝をしていましたが、ゼロとはいかなくとも、太陽光発電で光熱費を驚くほど減らすことが実現できます。

しかも、太陽光発電で発電した電気が余った場合、その電気を電力会社に売ることができるのです。エネルギーが無駄にならないわけです。

太陽光発電の難点は、天気に左右されることと、夜には発電できないことです。電気が足りない場合は、電力会社の電気を使うことになりますが、夜の安い電気を使えば大丈夫でしょう。また、家は高気密高断熱にすると、室内の冷暖房の効果を上げることができるので、無駄な電気を使わずに済みます。

既存の住宅に太陽光発電を設置すると、工事費を含めて200万円ほどかかるようです。さらにオール電化、高気密高断熱と、すべてのリフォームをすると、かなりの費用がかかってしまいます。この場合、工事費を回収するまで数年はかかるということも考えなければなりません。

既にある家をリフォームするよりも、新築時にオール電化+太陽光発電と決めておくのが良いかもしれません。

卓上用IHクッキングヒーターでオール電化を疑似体験

オール電化についていろいろと情報収集してみたけれど、やっぱりオール電化に踏切るのは少し不安という思いもあるかもしれません。情報は、資料やインターネットで比較的簡単に得られますが、実際に使ってみないとわからないところってあるものです。

特に、キッチンに立たれる奥様にとって、IHクッキングヒーターの火力の実力は確かめておきたいところでしょう。そこで、オール電化住宅を模擬体験!とまではいきませんが、卓上用IHクッキングヒーターで試してみるという方法もあります。ガスコンロの代用品として使ってみるのです。

IHクッキングヒーターは煮込み調理中に吹きこぼれても火が消えることがないから安心です。また、吹きこぼれた汚れもさっとふき取れるからお手入れが簡単なんです。煮込み料理に向いているとされるIHクッキングヒーターですが、火力が決め手の炒め調理も是非チャレンジしておきたいところですね。

卓上IHクッキングヒーターで納得するまで試すことができたら、オール電化への不安はかなり解消されのではないでしょうか。

I実力に充分満足できて、コンロをIHクッキングヒーターに切替えることになっても卓上用IHクッキングヒーターも無駄にはなりませんよね。カセットコンロと同じように、食卓で鍋を囲むときに大活躍します。火を使うカセットコンロではできなかった「卓上天ぷら」も楽しめそうです。

カセットが切れてあわてて買いに走る手間もなくなり、また、コンパクトに本体を立てて収納できるのも便利です。こう考えると、オール電化を検討中の方だけでなく、すでにオール電化にお住まいの方にも、そうでない方にも魅力的な卓上用IHクッキングヒーターなのかもしれません。

IHクッキングヒーター

寒い季節には鍋です。おでんにキムチ鍋、ちゃんこ鍋などなど。大活躍するのが土鍋ですよね。

オール電化では調理にはIHクッキングヒーターを使うことになります。このIHクッキングヒーター、ネックになるのは従来のお鍋が使えないこと。土鍋ももちろん使えません。

買い替えが必要になってしまうのですが、それでオール電化を躊躇してしまうのはもったいないですよね。普及率は増える一方のオール電化住宅やIHクッキングヒーターです。今では専門店でなくてもホームセンターなどでIH対応のお鍋が買えます。もちろん土鍋もあります。

「でも、やっぱりお鍋を買い換えるのはちょっとなー」と不満な方もおられるでしょう。そんな声に答える画期的なIHクッキングヒーターが登場してきているのです。これは、手持ちの鍋をすべて使えてしまうというものです。長年使って愛着のあるお鍋が従来どおり使えるのはうれしいですよね。

鍋料理には欠かせない土鍋も従来のものが使えます。加熱箇所が3口以上ついているIHクッキングヒーターの場合、1口だけ発熱の仕組みが異なる「ラジエントヒーター」になっているものがあって、これは、調理器具を選ばないので土鍋はもちろんのこと、網でお餅やするめをあぶることだってできるのです。

オール電化の普及が進んで技術もさらに進歩すると、IHクッキングヒーターは調理器具を選ぶ、というのは、もう過去のことになるのかもしれません。

オール電化の満足度

某電力会社の調査によると、新築戸建てをされる方の約3分の1がオール電化を選択しているという結果がでています。

これだけものすごい勢いで普及していっているオール電化ですが、支持されるにはそれなりの理由があるようです。

オール電化の最大のメリットはやはり、「火を使わないので安全」ということでしょう。寒い季節になると、火事のニュースが絶えません。被害にあうのは、たいていが高齢者や小さなお子さんです。

オール電化の場合、調理にはIHクッキングヒーターを使いますが、これなら、一人暮らしをしているお母様や、お子さんとの調理も安心です。

また、火を使わない、ということはほかにもメリットがあります。

火を燃やすと、二酸化炭素などの排気が必ず出ます。オール電化の場合、この排気がないので、家の中の空気をきれいに保つことが出来るのです。

そして、経済的ということもあげられます。

まず単純に、ガスを使わないのでガス料金が必要なくなるのは皆さんご存知のところです。オール電化にすると、電気料金の安くなる深夜電力を効率的に使用する仕組みになっているので、より無駄のない光熱費になります。

さらに、前述の「排気が少ない」というメリットは、経済面でもメリットがあります。
排気が少ないということは、換気扇の使用頻度が減るので、冷暖房の効果が高くなって、結果的にさらに電気代がお得になるのです。

オール電化には利用者の95%以上が満足しているとか。上記のメリットが、オール電化の単なる宣伝文句ではないことを裏付けていますね。

停電になったら?

オール電化に切り替え検討をする際、不安材料となるのが停電になったときどうなるのかということです。家の中のエネルギー源がすべて電気になってしまうということは、停電になった際お手上げになってしまう心配はやはりあるでしょう。

確かに、オール電化の家は停電になると、調理は出来なくなるし、暖房機器も使えなくなるいうことは起こってしまいます。

しかし、オール電化でない家は大丈夫かというと、一概にはそうではありません。最近では、ガスコンロを使用している家庭でも、最近は電池ではなく電源を必要としているものが増えてきています。この場合、電気を使用するので停電になるとやはり使えないのです。

ガス給湯器の場合でも、点火に電気を使用していると使えません。石油ファンヒーターもしかり、最近の電話機にしても同じです。停電時には使えなくなります。

ということは、オール電化であってもなくても停電になってしまうと、同じということになります。いまやエネルギー源を電気としない機器でも、ほとんどのものがどこかで電力を必要としているわけです。

停電になってしまっても、電気の復旧の速さはかなり早いです。あれだけの被害をもたらした、阪神淡路大震災のとき、ガスや水道に比べていち早く復旧したのは電気でした。新潟中越地震のときも、圧倒的な速さで電気は復旧しています。

そう考えると、オール電化の家のほうが災害時には有利なのかもしれません。

オール電化住宅の標準、床暖房

オール電化住宅のメイン設備は、電気温水器のエコキュートと、キッチンのIHクッキングヒーターですが、電気式の床暖房も気になります。

日本では、まだ床暖房はあまり普及しておらず、まだ一般的な暖房スタイルではありませんが、家のオール電化が進むにつれ、新築住宅でも床暖房設備が標準で付いているのが普通になりました。

オール電化での床暖房は経済的にはどうなのでしょうか?手っ取り早いのは、すでに設備が付いている住宅やマンションを購入することですが、既存の住宅にリフォームで床暖房をつけるとしたら大がかりなリフォームが必要になります。リフォームで床暖房をつけるには、床を張り替えなければなりません。

最近は、既にある床を利用して、その上に熱源を取り付ける上張りのものもありますが、その場合は、床が痛んでいないことが条件です。

床暖房にはいくつか種類があります。ヒートポンプ温水式、電熱線式、自己温度制御式、蓄熱式などです。初期費用が安いのは電熱線式です。リフォームが簡単にできるのは、自己温度制御式。ランニングコストが安いのは蓄熱式。また、蓄熱式は24時間の暖房ができるので、寒冷地向き。といったように、それぞれに違ったメリットがあります。

床を暖めるだけで本当に暖かいのかと思いますが、床暖房は、実は快適なのです。

エアコンやファンヒーターなどの暖房器具で部屋を暖めると、顔がやたらほてってしまい、設定温度を下げたりしたことはありませんか?フローリングのお部屋では、足下がとても冷えたりします。熱い空気はどんどん上に昇っていく性質があるのです。せっかくお部屋を暖めても、天井付近ばかりが暖まって、足下は冷えた空気が下がってきてしまうのです。

足下が冷たいと寒く感じるので、つい、暖房の設定温度を上げてしまいます。設定温度を上げると、また熱い空気がどんどん天井付近に上がっていき、やがて顔の辺りから上が熱い空気で満たされてしまいます。そして、腰から下は寒くて首から上は熱いという現象が起こるわけです。

床暖房の場合、足下から暖かくなってきます。そのため、部屋の温度が均一に保つことができるのです。

床暖房のデメリットは、暖房の即効性がないことです。暖まるまでに少し時間がかかってしまいます。また、停電になると使えません。なので、オール電化で暖房する場合は、予備に石油ストーブなどを用意して置いた方が良いでしょう。

オール電化マンションは増える?

オール電化マンションとは、ガス設備のないマンションです。今までガスでまかなっていた設備を全て電気で行います。

近年、オール電化のマンションは増えてきているようですが、全体的にはまだまだ低い割合のようです。

オール電化マンション
で多く見られるのは、高層マンションです。集合住宅というのはやはりガス漏れや火災は怖いものです。とても危険です。安全といった意味でも高層マンションに多いということは納得できます。

オール電化マンション
の普及が遅れている理由としてはすでにあるマンションをオール電化マンションにリフォームするのが難しいといったことがあります。

オール電化の設備は、200ボルトの専用線が必要です。200ボルトが部屋まで来ていなければ、引き込みをしなければなりません。これは個人個人でやるのは無理があるでしょうし、マンション全体でやるとなったらコストもかかることから住民全体の合意も必要でしょう。

こういったことから、オール電化マンションに住むには、オール電化マンションの物件を選ぶことが、一番簡単な方法ですね。

オール電化マンションを建設するには、普通のマンションに比べてコストがかかります。コストのかかるオール電化マンションを業者が作りたがらない、ということもあってあまり普及しないのです。マンション業者にとっては、従来型の電気とガス併用のマンションを建設する方が、コストが抑えられ、マンション価格も安くできるという事情があります。

しかし、オール電化の住宅自体が増えているので、これからオール電化マンションの数は増えていくかもしれません。

オール電化で補助金

光熱費の基本使用量の節約や、お得な電気料金プランへの変更などのメリットが注目されるオール電化ですが、さらに補助金がもらえる制度があります。

性格には、オール電化にして補助金ということではなく、オール電化のひとつ給湯システムをエコキュートに切り替えると補助金がもらえるのです。

どこが、この補助金を出してくれるのかというと、経済産業省という国家機関が取り仕切って、国が補助金を出してくれます。

国がどうして補助金を出してくれるのかというと、それは、エコキュートが、環境に配慮された地球に優しい給湯システムだ、と国が認めているからです。地球温暖化の問題を解決していく為に、企業だけでなく一般家庭からの二酸化炭素排出も減らしていく必要があります。そのために、一般家庭のオール電化をバックアップしようというものなのです。

エコキュートが地球に優しいという理由は、次のようなことです。

エコキュートは電気だけでなく空気の熱を利用してお湯を沸かすシステムです。これによって電気使用量は3分の1になります。

そして、給湯システムで必要なのが熱を水に伝える冷媒です。これまでこの冷媒にはフロンが使われてきましたが、エコキュートでは二酸化炭素を使用します。フロンというのはオゾン層を破壊するだけでなく、地球温暖化力が二酸化炭素の1500倍にもなります。

地球に優しいというもうひとつの理由が、冷媒を二酸化炭素にしているということです。

このような理由から、国はエコキュートに対して補助金を出すのです。

ただし、エコキュートの補助金をもらう為には、注意しておかなくてはいけないことがあります。それは、設置前に申請をしなければならないことです。それから、エコキュートの補助金はいつでももらえるものとは限りません。募集期間があるのです。また、国にも予算があり、予算に達してしまうと、その募集期間のものはもらえないことです。

このあたりのことは、設置を頼む業者にきちんと確認をしておく必要があります。

オール電化の普及率


オール電化の住宅やマンションが最近増えています。各電力会社でも、オール電化への移行を勧めています。また、住宅メーカーのセキスイハイムでも、「光熱費ゼロ」というふれこみで、オール電化+太陽光発電の家を宣伝しています。

省エネルギーで経済的ということや、クリーンで快適、エコロジーなどなど、いいイメージがたくさんあります。

オール電化といえば「エコキュート」ですが、これには国から補助金が出るのです。つまり国もオール電化を奨励しているということです。

それでは、現在のオール電化の普及率はどのくらいでしょうか?

現在、新築物件の約半数がオール電化住宅になっています。また、既存住宅のオール電化へのリフォームも増えているのでオール電化の普及率はますます上がりそうです。

数で見ると、2004年度は約13万件、2005年度は約20万件、2006年度には約23万件と、2007年、2008年はもっと増えているでしょう。実際、富士経済によると、新築とリフォームのオール電化住宅戸数を、2006年度は関東エリアで前年よりも30%増、関西エリアでは13%増、中部エリアでは10%増と、発表しており、今後もずっと増えていくことが予想されています。

一方、、オール電化マンションの普及率は全体の5%程度にとどまっています。これは、オール電化のコストが関係しているようです。

オール電化機器は、ガス機器に対して初期費用が高く、マンションの引き込み工事などもガスの方が安く済みます。オール電化マンションとなると、建設コストがかかってしまい、その分マンションの値段も高くなってしまうのです。

しかし、今後高齢者が増えることを考えると、集合住宅で火を使わないことは、、安全面で期待されています。オール電化マンションも、今後増えていくでしょう。

現在、原油高で、ガソリンや石油の値段が高騰していますが、これが続けばオール電化はもっと見直されて注目を集めるでしょう。前述の富士経済は、2015年には、約33万件まで増えると予想しています。

費用

最近は、オール電化に関するCMや広告が増えています。それだけに関心が高くなっている人も多くなっているでしょう。

オール電化というのは、簡単に言うと、これまでガスでお湯を沸かしていたり石油で暖房していたものを電気に変えてしまうということです。しかし、全てやるとなるとそれなりの費用がかかります。機器の本体や工事費、基礎工事費などがかかるわけです。

例えば、今住んでいる家をオール電化にする場合ですが、IHクッキングヒーターの値段がだいたい15〜35万円くらい、エコキュートの値段はだいたい45〜80万円くらいです。これに、専用の200ボルトの電流を引き込む工事と、エコキュートの貯湯タンクを安定して置くための基礎工事が必要になります。

しかし、ランニングコストを考えると、将来的にはお得でしょう。一括が無理な場合は分割で支払いができる場合が多いですが、これまでの光熱費の支払額よりも月々の負担が少なくなるようなら、これも選択の余地はあるでしょう。

また、販売業者によっては、割引価格を設定していたりするので、何社かで見積りを取ってから検討することが賢明です。それから、良心的な業者を選ぶことも大切です。くれぐれも飛び込み業者には注意しましょう。

最後に、オール電化にする場合、ガスは解約することになり、ガスメーターの撤去費用も必要になります。このとき、ガス会社とトラブルにならないよう、注意したいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。