オール電化住宅の電磁波の心配は?

オール電化にするということは、家中が電気製品になります。このことで、電磁波というものを心配される方もおられるでしょう。

電磁波とは、放射線や電波、光の総称です。電磁波は電気が流れている所では、必ず発生しています。よく言われるのはパソコンやテレビですね。パソコンでは電磁波防止グッズも多く売られています。また、身近なものではヘアドライヤーも結構強い電磁波が出ているのです。ヘアドライヤーは頭のところで使うものだから健康への心配もされる所ですが、電磁波については諸説あるようで、健康への影響が実際どれほどのものかはよく分かっていないものでもあります。

オール電化で身体に近いところで使用するものがIHクッキングヒーターですね。位置もお腹付近になるので、特に妊娠中の女性には電磁波の影響が心配なところでしょう。

IHクッキングヒーター付近には周波数が50〜60ヘルツの電磁界が発生しているそうです。また、調理をしている時には、周波数20〜30キロヘルツの電磁波が発生します。これらの数値は他の電気製品と同じ程度です。

これについては電力会社では、通常に使用すれば人間の健康に影響を与えるほどのものではないという判断が出されています。身体に影響のある電気製品を売るという訳には行かないわけで、これについては信用してもよいでしょう。

電磁波に関しては、電気を使用した生活を続ける限り、全く浴びずに生活するのは不可能です。
オール電化住宅だから電磁波の影響を強く受けるという心配もあまり必要ないのではないかと思います。あまり神経質になることはないでしょう。

しかし、体質的に電磁波の影響を受けていしまうという方もおられるようですので、そのような場合は、オール電化にするかしないかは慎重に考えたほうが良いかもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。