オール電化のメリット

オール電化メリットについて考えてみましょう。家を新築したり、リフォームを考えている人には、オール電化にしてどうかということはとても気になる所です。

オール電化の一番のメリットは、火を使わないということでしょう。つまり、ガスを使わないので空気が汚れず、ガス漏れの心配もありません。安全という所にもメリットがありそうです。

調理時の水蒸気の発生を最小限に抑えることができます。IHクッキングヒーターはとても熱効率がよいのです。短時間で調理ができます。また、夏場の調理でも、火の熱によって室内温度を上げることもなく快適に調理できます。

オール電化は火をたく場合と違って、家の中の結露の発生を押さえることができるので、カビの発生を極力抑えます。また、二酸化炭素を発生させないことは、地球環境への配慮になります。

オール電化のもう一つのメリットは、省エネルギーです。オール電化製品の中で、最も省エネルギーなのは、エコキュートです。割引になる夜間電力を使ってお湯を沸かすので、経済的です。

ヒートポンプ」という温熱方式を採用していて、従来の燃焼式給湯器と比べると約30%のエネルギーの節約になります。

また、この「ヒートポンプ」は、二酸化炭素の排出量を約50%減らすことができ、フロンガスも使用していないので、オゾン層保護に貢献できます。

省エネルギーであり、しかも地球温暖化対策とオゾン層保護に役立つ、非常に優れた電気温水器なのです。申請すれば国の補助金も出るので、これも魅力のひとつです。

オール電化に太陽光発電を併せて使えば、もっと経済的になります。太陽光発電は太陽光をエネルギーに替えて電気として使用します。初期設備のコストがかかりますが、電気料金がグッと減ることになります。また、太陽光発電にも補助金制度があります。